りんご4971がたくさんある時、どうやって食べるのが良い?

りんごの食べ方は色々ありますが、新鮮で美味しいりんごはやはり生で食べるのが一番です。皮と実の間にも栄養が豊富なので、苦手でなければ丸かじりも良いでしょう。また、刻んでサラダに入れるのもお薦めです。他のフルーツと合わせてフルーツサラダにしても、野菜と合わせてもおいしく食べられます。
しかし、少し傷んでくると、りんごのしゃきしゃきした歯ごたえはなくなってしまいます。特に蜜の多いものは早く傷むので、注意が必用です。傷む兆しが見えて来たら、加工して食べるのが良いでしょう。りんごがたくさん手元にあるときは、食べきれそうにない分を新鮮なうちに加工してしまえば、駄目にせずに済みます。
加工の仕方としては、ジャムやコンポートなどが便利です。砂糖を加えて煮詰めるだけなので簡単ですし、ある程度保存がきくようにもなります。パンに載せたりヨーグルトに混ぜたりと、色々な使い方ができます。パイの具にするなど、お菓子として加工し直すこともできます。もちろんそのまま食べるのも良いでしょう。なお、ジャムにする際は実だけでも良いのですが、皮も少し入れて作るときれいなピンク色になります。量がある時は2種類の方法で作っておくと、見た目の点でも楽しめます。